NEWS

ニュースリリース

2020.05.27お知らせ

SALES ROBOTICS『SALES BASE』がウイングアーク1st社の『DEJIREN』とサービス連携 ~コールセンターデータ抽出業務のボット化とトークシナリオ生成業務が自動化~

SALES ROBOTICS『SALES BASE』がウイングアーク1st社の『DEJIREN』とサービス連携 ~コールセンターデータ抽出業務のボット化とトークシナリオ生成業務が自動化~

この度、SALES ROBOTICS株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:内山 雄輝、ヒト・コミュニケーションズHDグループ(東証一部:4433)、以下当社)とウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、SALES ROBOTICSが提供するインサイドセールス支援システム『SALES BASE』とウイングアーク1stが提供する業務を自動化できるコミュニケーションツール『DEJIREN(デジレン)』を連携いたしました。

 当社のインサイドセールスコールセンターに蓄積されたデータ資産を『SALES BASEナレッジデータベース』として整備し、『DEJIREN』を活用してコールデータ抽出業務のボット化とトークシナリオ、ターゲットリスト、トークスクリプト生成業務の効率化を図ります。

当社が提供する、テクノロジーとデータを活用したインサイドセールス支援システム『SALES BASE』はインサイドセールスコンサルティング、BPOサービス、過去のコール業務の成功データを組み合わせ、現状考えうる最適な戦術をクライアントに提案・実行することで高い成果を創出してまいりました。
最適な戦術の立案は、数多くの戦略シナリオ、ターゲットリスト、トークスクリプトの融合とそれに基づく活動結果データの分析により可能になっております。以前より活動によって得られた膨大なデータの活用がインサイドセールスサービスの品質向上のカギとなると考え、当社のコールセンター業務のデータを『SALES BASEナレッジデータベース』として蓄積してまいりました。このデータをコンサルタントが分析し、戦術を立案、オペレーションへ落とし込むことでインサイドセールススタッフ個人のスキルに依存しない再現性の高い安定的な運用を実現しています。

ウイングアーク1stの『DEJIREN』は、業務を自動化できるコミュニケーションツールです。異なるシステムやサービスをつなぎ、データをビジネスに価値ある情報へ変化させ、それを素早く人に伝えることで、人の動きと意思決定を加速します。

この度の連携により、コンサルタントの意思決定を補うデータコミュニケーションを加速することを目指しています。コールセンターシステムとSALES BASEナレッジデータベースをつなぎ、『DEJIREN』で抽出・通知することで、複数のシステムにまたがる情報がリアルタイムに組み合わされてコンサルタントに通知されます。コンサルタントは情報を迅速にキャッチすることが可能になり、インサイドセールスコンサルティング業務における戦略設計やネクストアクションの決定を最新のデータに基づき実施できるようになります。

当社及びヒト・コミュニケーションズグループに蓄積された営業支援活動における活動データや人的データを、『DEJIREN』の活用によってもたらされる人とシステムの対話を通じ、より速くより高い付加価値の提供に繋げてまいります。

詳細はこちらからダウンロードいただけます。