NEWS

ニュースリリース

2020.03.10お知らせ

独自の企業データベースを活用したリード獲得サービスを完全成果報酬型で提供   〜セミナー・イベントの自粛に伴う営業のリード獲得活動を緊急支援〜

独自の企業データベースを活用したリード獲得サービスを完全成果報酬型で提供   〜セミナー・イベントの自粛に伴う営業のリード獲得活動を緊急支援〜

受注につながる商談を創るインサイドセールスマネジメントサービス『SALES BASE』を提供するSALES ROBOTICS株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長 内山 雄輝 以下「当社」)は、2020年3月10日から社数・期間限定でリード(見込み営業先)の獲得サービスを完全成果報酬型で販売しますのでお知らせいたします。

【リード獲得サービスを完全成果報酬型で提供する背景】
当社は、日本の法人営業活動に対し効率化及び分業化を実現する、テクノロジーとデータを活用したインサイドセールスマネジメントサービス『SALES BASE』を提供しています。インサイドセールスは、電話やメールなど非対面の方法により行う営業活動の総称であり、リードの獲得や購入意欲の醸成を効率的に実施できるため、働き方改革などで効率化を求めるBtoBマーケティング分野で活用されています。

法人営業活動は、ターゲット選定・リードの獲得・購入意欲の醸成・提案・受注といったステップで進んでいくため、営業活動のきっかけとなる「ターゲット選定とリード獲得施策」が非常に重要になります。ところが展示会やセミナーといったリード獲得手法は外部環境の影響により中止または縮小となるリスクが潜んでおります。展示会やセミナーが中止になりますと、リード獲得量が減少し、新規の営業活動に苦慮する企業が増加します。

通常、『SALES BASE』は年間契約で独自の市場データと企業データから営業戦略を策定し、ターゲット選定からリード獲得、商談獲得に至るインサイドセールスに関するトータルサポートを提供しています。しかし、日本経済応援キャンペーンとして『SALES BASE』の機能とサービスの一部を社数・期間限定ですが完全成果報酬型でご提供することで、リード獲得にお困りの企業の営業活動を緊急的にご支援します。

詳細はこちらからダウンロードいただけます。
特設サイト:https://salesbase.salesrobotics.co.jp/lp_special202003/