NEWS

ニュースリリース

2018.11.02お知らせ

SALES ROBOTICS、ベクトルと資本業務提携を実施 「今すぐ営業できるリードが追加されるインサイドセールス支援システム “SALES BASE”」のプロモーションを強化

SALES ROBOTICS、ベクトルと資本業務提携を実施 「今すぐ営業できるリードが追加されるインサイドセールス支援システム “SALES BASE”」のプロモーションを強化

インサイドセールス支援システム「SALES BASE」を開発・提供するSALES ROBOTICS株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:内山雄輝 以下「SALES ROBOTICS」)は、株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江肇司、以下「ベクトル」)を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。

【資本業務提携の目的】

SALES ROBOTICSの主力サービスである「SALES BASE」は、「商談したい企業と商談できる。待っているだけで商談したいと思えるアポイントが自分の予定帳に自動的に追加されている。顧客データベースが常に最新の状態になっている。」まさに、ロボットが我々の営業の悩みをサポートし最適な結果を提供してくれることを目指し、開発・提供を行っているシステムです。

そんな法人営業の未来をテクノロジーで実現する「SALES BASE」をより多くの企業様に知っていただくためにプロモーションの強化を行うべく、ベクトルと第三者割当増資による資本業務提携を実施いたしました。

総合PR会社のベクトルは、従来のPR領域にとどまらず、アドテクノロジーなどITを駆使した最新のマーケティング手法を取り入れ、顧客が必要とするあらゆるコミュニケーションサービスをワンストップで提供しています。

今回の資本業務提携を機に、営業活動に課題を感じる多くの企業様へ、インサイドセールス支援システム「SALES BASE」の認知を高め、提供してまいる所存です。

【SALES ROBOTICS株式会社について】

SALES ROBOTICSは、営業のワークスタイルをクリエイトするセールス・テック・ベンチャーとして、「Be Smarter!営業をもっとスマートに、もっとオモシロク!最新の顧客データベースをすべての企業へ!」をスローガンに、テクノロジーとストラテジーを組み合わせて法人営業の新規開拓業務をスマートにするクラウドサービス「SALES BASE」を開発・提供しております。「SALES BASE」は、今すぐ営業できるリードとアポが自動で追加される営業支援サービスとして700社以上の企業で利用され、日本でもっとも成長しているインサイドセールスを活用した法人営業支援システムとして注目されています。CRMやSFAなどの各種システムと連携し、営業現場の生産性の向上や働き方改革をトータルで支援するビジネスサポートカンパニーです。